2017/05/29
週明けまずは湖国でデザインコンサルティング

ここ最近、週明けまずは滋賀県の瀬田にあるお客様のところでいろいろなデザインに関するご相談をさせていただいております。

会社内部では当たり前のように行われている業務も、いざ外部に向かって発信しようとすると、どう伝えて行けば良いかわからないと、いうことがよくあります。その状態のまま会社案内やWEBサイトのデザインにかかっても十分に言いたいことが伝わるものにはなりません。

その前に、クライアントの仕事内容を十分に理解し、クライアントの頭の中を整理していただく手助けをしないと見当違いなものを作ってしまいがちです。

ロゴやパッケージなどでも同じことです。そのクライアントとの間で意思疎通がうまく行くとデザインの精度が上がるだけでなく、こちらにとっても仕事の範囲が広がることもあります。

そういった関わり方ができるお客様にまた1つ巡り会えた気がする月曜日の朝でした。

2017/05/28
The Roots Storyキャディーバッグ好調です

ルーツゴルフから発売されているThe Roots Storyシリーズのキャディーバッグが大変好調な売れ行きを見せています。
発売からたった3ヶ月足らずでグリーンの方は初回ロットを売り切ってしまう勢いです。通常キャディーバッグは追加をかけることはありませんが、今回に限っては慌てて追加発注が出されたようです。
このバッグにデザインされているキャラクターの刺繍は、今から約25年ほど前のバブル全盛時に様々なゴルフウェアブランドがこぞって発売していたキャラクターもののイメージを受け継いだもので、当時うちの事務所の大きな仕事の柱となっていたものです。それをルーツゴルフ様のご厚意もあり、復活させることができました。
このキャディーバッグだけでなく、ヘッドカバーにも同じキャラクターたちが刺繍されていますので、セットでお持ちいただくと、ゴルフ場では注目を集めること間違い無しです。
詳しくはKD GolfStoreまで
http://www.kdgolfstore.com

2017/05/27
KDFactory’sの柄が目につくようになってきました

コイズミデザインファクトリーの唯一の発信ブランドKDFactory’sデザインのテキスタイルが、最近目につくようになってきました。様々な生地メーカーや繊維製品のブランドに柄を使っていただくようになり、店頭でもしばしば見かけるようになってきました。
先日はNHKの朝ドラ「ひよっこ」の中で主人公役の有村架純が着ているパジャマが「和の図案・春」に収録されている「桜餅」だったことは、大きな反響をいただきました。
また、手作り作家の方々がご自分で縫ったものをサイトで販売されたりすることも多くなっています。

近々また新しいデータ集が発売される予定ですが、徐々に私たちの柄が認知されていけばいいなと思います。

2017/05/22
日光まで出張しています

昨日、今日とあるクライアントのご依頼で日光まで出張しています。今回は打ち合わせにロゴのデザインとパッケージの原案をご提示し、その方向で進めることとなりました。今回も船井総研さんとご一緒させていただきましたが、いつも熱心な仕事ぶりに感心させられます。

2017/05/14
garafactory.comブログ更新中

製品化可能な柄を販売するサイトgarafactory.comでは随時ブログの更新も行っています。販売されているデータ集の中から抜粋した柄で実際に製品に落とし込んだ例などを公開しています。garafactory.comがリリースする柄を実際にご覧いただけるサイトとして是非お役立てください。

2017/05/05
KDFの資料 4

アメリカのビンテージ・バンダナを集めた資料です。Tシャツのデザインやアメリカンカジュアルブランドのテキスタイルデザインには欠かせない資料です。

最近のデジタルなデザインでは表現できないアメリカらしいビンテージ感や独特の匂いがいっぱい詰まった本です。

2017/04/23
新シリーズ「THEME COLLECTION」発売です。

Koizumi Design Factoryが発信するデザインデータ集ブランドKDFactory’sから新シリーズ「THEME COLLECTION」が発売されました。その第1弾は「MARINE/NORDIC(マリン/ノルディック)」です。
従来の碇や船、羅針盤などをモチーフとしたベーシックなマリン柄ではなく、今までにない北欧テイストの総柄50点を収録しています。
詳しくはhttp://www.garafactory.comをご覧ください。

2017/04/07
名古屋に出張しました

久しぶりに名古屋に出張しました。
といいますか、名古屋自体が5,6年前に慰安旅行で犬山に行ったときに通って以来です。

京都駅から新幹線でたったの40分足らず。
阪急電車で河原町から梅田に行くよりも早く着いてしまうほど近いです。
こんなに近いのに今まであまり仕事で来ることは少なかったのはなぜでしょう・・・・。

名古屋というのはちょっと特殊な地域性があるような気がします。
日本で第3番目の大都市ですから、たいがいのビジネスは名古屋だけで完結するだけの大きさがあります。
市場も東海全域を合わせればかなりのものです。
ですからわざわざ東京や大阪に頼ることなく時間が流れているような感じがしていました。

今回ご縁があって名古屋での仕事がスタートしましたので、もっと名古屋をよく知ってみようと思います。
レゴランドもできましたし、ノリタケの本社もあります。
私の好きな明治村への通過点でもあるので行く機会が増えればいいなと思っています。

2017/03/26
KDFの資料 3

1990Spring & SummerにDIESELが製作したシーズンカタログです。
当時はバブルに一直線という時代ですから、このような販促物にもかなりの予算をかけていました。
サイズもLPレコードのジャケットサイズという懲りようで28年もたった今でも全く古さを感じさせません。
グラフィックデザインというのはこういうものづくりをしないといけないとつくづく感じさせられる資料です。

 

DIESELパンフレット1990SS

DIESELパンフレット1990SS

2017/03/22
BTLに掲載してもらいました

ネクスゲート発行のビジネスタイムライン(BTL)に取材記事を掲載していただきました。なぜか撮影は大阪中之島の中央公会堂前です。ものづくりの段階からエンドユーザーの手に届くまでに必要とされるすべてのデザインをひとりのデザイナーができたら・・・・、という持論をえらそうに語らせていただきました。詳しいことはオフィシャルサイトの関連ページをご覧ください。

2017/03/22
KDFの資料 2

1970年代に一世を風靡したボーリングにはユニフォーム的なシャツがあることをご存じでしょうか。
アロハシャツのようにオープンカラーのものが多く、背中にはだいたいそのチームにちなんだイラストやロゴが入っています。
このいかにもアメリカ的なデザインのシャツばかりを集めた本があります。
弊社では多いときには年間で30点ほどのTシャツデザインを制作していたこともあり、この手の資料はなかなか参考になるものでした。

2017/03/13
お菓子の新商品撮影進行中

パッケージデザインやカタログのデザインをさせていただいている中島大祥堂さんの春夏に向けた新商品の撮影をしました。器やベースのコーディネートも弊社女子スタッフの担当です。シャッターはいつものように私がきっていますが、今回はマクロレンズを多用して綺麗なボケを狙って見ました。

2017/03/09
KDFの資料

この頃のテキスタイルデザインは今よりもずっと温かみのある色や絵で成り立っているものが多く、柄を製作する上でとてもいい資料となります。KDFactory’sのデータ集に活かしていきたいと思いますが、なかなか当時の感覚を掴むのは難しいのもです。

2017/03/06
山本仁商店様撮影にご来社いただきました。

先日、Silkroad Clubというブランドの撮影で山本仁商店の企画チーフと営業担当の方が、POPやDMのデザインで使用する写真の撮影に来られました。
コットンの繊細なローンに多色の更紗柄などをプリントし、レディースのブラウスやワンピース、小物などを製作されています。その繊細さはR社のプリント生地を上回っていると思います。

2017/02/26
久しぶりに似顔絵を描きました。

久しぶりに仕事で似顔絵を描きました。何年ぶりでしょうか。
以前はちょくちょく会社案内などでご依頼がありましたが、最近ではなかなかそういう企業も少なくなったようで今回久しぶりに描く機会をいただいて、なかなか楽しく描くことができました。ルーツゴルフ様のホームページをデザインさせていただいたときにご依頼いただきました。
ホームページの方も是非ご覧ください。

2017/02/24
頑張れインターン生

毎年この季節になるとデザインやイラストを職業にしたいと思う若者たちがインターンにやってきます。今年も京都芸術デザイン専門学校から来てくれました。今回の学生はイラストレーター志望。最近ではペンタブレットを自由自在に使いこなすイラストレーターが増えて来ましたが、職業でイラストを描くという場面目はやはりペンツールを避けて通ることはできませんので、まずはその練習から。インターンにから学生が全員苦労するところです。

2017/02/22
新しい本が入りました

海外のパッケージデザインの資料が新しく増えました。いつも感心するのは日本の書籍と違い装丁に工夫が見られることです。日本の書籍はどうしても書店で売られるときのことを想定して形状やデザインに無難なものが多いのですが、海外のものは自由にデザインされている感じがします。

2017/02/01
新しいカラートレンド情報誌が来た

最近海外のトレンド情報誌がめっきり減っていますが、そんな中でわかりやすく、使い勝手のいいトレンドカラーの情報誌が入ってきました。
トレンドカラーとPantoneの連動がうまくできた本で、マーケット情報やブランドのシーズン企画には重宝しそうです。

2017/01/21
掲載情報

大阪八尾のお菓子メーカー中島大祥堂様の丹波本店に関する記事が掲載されました。パンフレットをはじめパッケージデザアイン、カタログデザインなどいろいろなものを制作させていただきました。
和雑貨で人気のSOU・SOUテキスタイルを使用し、さまざまなオリジナル菓子のパッケージをデザインさせていただきました。この本に掲載されている店舗の写真もカタログ用に撮らせて頂いたものをお使い頂いております。

2017/01/03
2017年の年頭に

1月5日より平常営業に戻らせていただきますが、年頭に今年1年の事務所としての抱負を書かせていただきます。

年末にも書かせていただいたように昨年は引越しを始め、事務所にとってなかなか負荷のかかる行事や出来事が続きました。

その波の大きさをなかなか吸収するのが難しく、あっぷあっぷしながらの1年でしたが、今年はその波もようやく落ち着き始め、本来取り組むべき問題に正面から向かっていける状態になってきました。

その本来取り組むべき問題とは、大きく分けて2つ。

まず一つ目は事務所の進むべき道筋に大きく影響する「事業戦略」です。「事業戦略」などというと小さなうちの事務所には大げさに聞こえることと思いますが、事務所創業30周年に向かう今この時期に、創業以来の大きな進路変更に挑戦しようとしています。かといって、もちろん今までのデザイン業務を止めてしまうわけではございません。今までの業務を更に更に拡大し、本当に私自身が思い描いていた事務所の形に挑戦しようということです。

昨年の決算時にも少し触れましたが、具体的にいうと今までの完全受注生産的なビジネスから大きく脱皮して、発信型の攻撃的なビジネスをもう一つの柱にしたいと考えています。

昨年から始まっています「garafactory.com」や「KD Golf Store」、「Private Interview」はその中の一部ですが、今年はさらにAR技術を使った営業戦略の拡大を考えています。弊社が所有するCOCOARのシステムを今まで以上に拡大し、弊社の各販売先や取引会社とそのシステムを有効利用し、お互いにメリットのある営業戦略を組み立てたいと思っています。

そして2つ目。これらの発信型ビジネスにはもちろん今までの受注生産型デザインのノウハウが大きくものをいうわけですが、今までどちらかというとメインの事業ではなかったWEB領域に関しても、今後積極的に拡大し、クライアントのビジネスを最も川上の商品企画から、最終地点となるエンドユーザーとの接点、WEB戦略まで一貫したデザインでサポートさせていただけるようになりたいと考えています。

商品企画から関わらせていただいたものの販促物やパッケージをデザインするだけでなく、「それをどう売るか」という段階までを全て統一したイメージで展開できるように、クライアントのビジネスをサポートさせていただきたいと思います。

そしてそのノウハウを自社から発信するビジネスでも活用、検証し、フィードバックすることで、それぞれが相乗効果を生み出せていけるようになれば、私が思い描く事務所の形に大きく近づけるように思います。

2017年、コイズミデザインファクトリーは創業30周年に向けて

大きく踏み出します。そしてそれにはみなさまのご支援が大きな力となります。何卒、これまで以上にご支援を賜りますようお願いいたします。

2017/01/01
あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり、誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

コイズミデザインファクトリーは今年、新しいステージへと進化すべく、様々な努力をいたしてまいります。昨年までとは一味も二味も違うビジネスを展開し、今までに見たことのないデザイン会社として存在意味を持ちたいと思っております。
それにはみなさまの温かいご声援が是非とも必要となりますので、今まで以上にご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

2016/12/21
ルーツゴルフ様新製品の撮影中です

今年も恒例のルーツゴルフ様新製品の撮影中です。今年のモデルも3年連続でデザインさせていただきました。1本のクラブを撮るために5〜6灯のストロボを使って丁寧に撮っていきます。
今年は新しくパターとキャディバッグもラインナップされています。
詳しくは
http://www.kdgolfstore.com

2016/12/11
事務所にクリスマスツリー

今年も事務所にクリスマスツリーを飾りました。オーナメントは昨年と何ら変わっていませんが、今年は電球が切れてしまったので、新しくLEDタイプのものに変えました。たった2,000円なのに光の強さや点滅のしかたなどをリモコンで調節できるという優れものです。
ミーティングルームに飾ってあります。ここでスタッフのクリスマスパーティーでもと思いますが、今年は曜日まわりが土日になってしまうので、それは来年に取っておきます。

2016/12/01
淀の活性化に産学協同のプロジェクト

NPO法人淀駅周辺地域の将来を考える会の活動が産学協同のプロジェクトになりました。
協力してくれるのはコイズミデザインファクトリーに年2回インターンシップに来てくれている京都芸術デザイン専門学校ビジュアルデザインコースの19名です。

先日、学生たちに淀の街を紹介がてらフィールドワークを行いました。
今後どのような活性化プランが出てくるのか大変楽しみです。

2016/11/27
マイベストプロ・京都のコラムを更新しました。

京都新聞社の「街の専門家を探せるwebガイド マイベストプロ・京都」のコラムを更新しました。
是非ご一読ください。

2016/11/17
ビジネスタイムラインに取り上げていただきました

ネクスゲートが発行・運営するビジネス向け情報誌「ビジネスタイムライン」のWEB版に弊社コラムgarafactoryについてを取り上げていただきました。

2016/11/12
Instagramも是非ご覧ください。

コイズミデザインファクトリーでは現在4つのアカウントでInstagramを運営しています。
garafactory
garafactory.comで販売されている柄を紹介しています。
kdgolfstore
Roots Golfのインターネット正規販売店KD Golf Storeで販売するギアのご紹介。
koizumi_design_factory
コイズミデザインファクトリー内を写真でご紹介。
tatsujikoizumi
代表コイズミの気まぐれフォト。

是非一度ご覧ください。

2016/11/11
Private Interviewのチラシができました

ブルーベアプランニングとともに立ち上げた新規事業「Private Intewview(プライベートインタビュー)」の販促チラシができあがりました。

「プライベートインタビュー」は、女性誌や週刊誌、新聞などの「インタビューコーナー」のように、プロのライター(インタビュアー)による取材・原稿執筆、カメラマン撮影、デザイナーによって誌面風に制作する、パーソナルなインタビュー冊子です。「徹子の部屋」や「サワコの朝」のゲストのような気分で、自分のことを語り、カメラマンに女優、モデル、俳優のような気分で撮影されるひとときを体験できます。

自らの人生を幼少期から振り返り、資料や写真を整理し、自分で書く、または業者に執筆依頼する「自分史(自叙伝)」づくりは、長い時間と資料整理など大変な手間とそれなりの高額な経費がかかりますが、「プライベートインタビュー」では、雑誌などのインタビューコーナーのボリュームに合わせ、4ページを基本(8ページ・12ページなども可能)に展開。気軽にさっと読んでいただけるスタイルなので、自分だけの記念に留めず、ご家族やご親戚、お友達、グループや諸活動のお仲間にお渡ししても、自分史の書籍にありがちな“実はもらってもあまり読んでいない”“最初の数ページしか目を通していない”という哀しい運命をたどりません。

これまでになかった『わたし表現』の新しいツールとして注目されています。

インタビューはマスコミや各分野で活躍し、注目されている『特別な人』が登場するものと思われがちですが、実はどんな方も一つとして同じ人生はなく、これまで重ねてきた日々の中には素晴らしい活動や素晴らしい想い、考え、想い、伝えることがたくさんあります。昨今、「自分史(自叙伝)」が注目され、人気を集めていますが、ご自身での執筆、振り返りの時間や手間、そしてそれなりのお金もかかります。

「プライベートインタビュー」では、1つのテーマに絞り、そのことについてプロのライターがあなたを取材し、その様子をカメラマンがあらゆる角度から撮影します。後は原稿、写真、誌面のチェック(校正)を重ねて完了。最短約2カ月でお手元にステキなインタビュー誌面が届きます。

自分のことを自分の言葉で語るというインタビュー体験(取材体験)は、誰にとっても人生の大きなアクセントになる経験であり、自分自身の整理、次なる目標設定などにも役立ちます。

人生の中では、フツーの一般の方がインタビューに登場する機会は稀ですが、人の数だけドラマはあるのです。その方が積み重ねてこられた日々の中には必ず、語るべき価値ある話、キラリと輝く言葉や想いはあります。

一度ぐらいインタビューを受ける人になってみたい!そんな夢を叶えられるのが

「プライベートインタビュー」です。

雑誌社や新聞社が作るスタイルと同じように制作する、プロスタイルの個人向けインタビュー誌面です。

奇跡の一枚を撮りましょう!という変身記念撮影が大流行りですが、プライベートインタビューなら、カメラ目線ではなく、さりげない、なにげない瞬間の表情や、女優気分で撮影されたプロ仕様の写真に、プラス“わたしの想い”を文章にして家族やお仲間に伝えられます。単に「きれいねえ」だけで終わる記念写真から、もう一歩進んだ、“わたしの存在”をキラキラと輝かせるライフ・ツールです。

インタビューのテーマは自由です。ご自身でお決めになっても、事前の打ち合わせの中で相談しながら決定することもできます。あとはプロのインタビュアーが進行する形で、あなたは聞いてほしいこと、語りたいこと、伝えたいこと、見せたいことを約1時間半~2時間、お話しいただくだけ。インタビュー中は、プロのカメラマンがさまざまな角度から、あなたのいろんな表情を捉えて撮影します。そしてデザイナーがあなただけのおしゃれな「インタビュー誌」に仕上げます。

インタビューによって、改めて自分の生き方、表現、こだわり、大切にしていることを見つめ、考え直す機会にもなり、自分自身を見つめ、新たな魅力に気づくこともできます。人は、語ることで気づくこと、引き出される魅力がたくさんあるのです。

2016/10/30
ブログ「素敵にルーツゴルフ」引っ越ししました。

KD Golf Storeの公式ブログ「素敵にルーツゴルフ」がこのたび引越をいたしました。従来はFC2の外部サーバーに設置されていましたが、KD Golf Storeのサイト内に設置されたことで、今までよりもさらに充実した情報提供が可能になりました。
ルーツゴルフ製品のデザイン制作裏話やルーツゴルフ製品のコーディネート術など、もっとルーツゴルフ製品を使う喜びを感じていただける情報が満載です。
是非一度ご覧ください。

2016/10/24
garafactory.comのBLOGスタート

garafactory.comのブログがスタートいたしました。テキスタイルデザインや雑貨、布小物など応用範囲の広いデータをインターネットで販売する画期的なサイトの中で、柄の使用例や制作過程など様々な情報を公開いたします。是非ご覧ください。