小泉の雑記帳

赤い鞄の誘惑

赤い鞄というのは、買うときにそこそこ勇気がいります。
初めて赤い鞄を買うのであればなおさらです。
赤い鞄といっても、リュックやスポーツバッグなどカジュアルなものから、革製のクラッチバッグのようなもの、大きなスーツケースなど種類は様々ですが、最近の私のお気に入りは革製の赤いトートバッグです。

もともと私はトートバッグという形が少々苦手でした。なんとなく中身が筒抜けでものを落としそうな気がするからです。電車で大阪や東京に仕事で行くときはなおさらそういう不安があって、ファスナーつきのものでないと選ぶ気になりませんでした。
最近ではトートバッグといっても私のような不安を持つ人が多いのか写真のように蓋付きのものが見受けられるようになり、少し抵抗感が薄らいできました。大事な財布やカードケースなどは鞄の内部にある小さなファスナーつきのポケットに入れれば落とすこともないし、書類やタブレットは大きいので落とす心配もないと思えるようになりました。

以前は赤い鞄を持つ以上靴もベルトも赤にしないといけない気がしていましたが、そこまでやるとかなり派手なオッさんになるので、最近では鞄だけが赤でもいいかなと思うようになっています。
(ただ、靴とベルトを同じ色で揃えていないビジネスマンをよく見かけますが、あれはいただけません。せめて靴とベルトと時計のバンドは同じ色の革で揃えましょう。)
でもやはり赤い鞄と赤い靴の組み合わせで外出するときは何となくワクワクするもので、スウェードの赤いスリッポンやローファーとの組み合わせは、実に軽やかな気分にさせてくれます。

百貨店の鞄売り場などでは前より赤やブルーの鮮やかなものが売られるようになってきましたので、探すのには困りませんが、各社なかなかそそるデザインのものを売り出していますので、誘惑が耐えません。売り場でも目をひくのでなおさらです。

買い物でストレスを発散するタイプの私は、今度は赤い革のショルダーに狙いをつけています。

 

2017/01/21

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は私のたわいもない書き込みにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

昨年は事務所の引越しや手術入院など公私にわたりバタバタとお騒がせいたしましたが、本年はもっと良い意味で皆さんに騒いでいただけるような1年にしたいと目論んでおります。

仕事上の抱負や誓い言は事務所のブログの方で書かせていただくとして、ここでは極々うちわにしか理解していただけないような超個人的抱負を書きたいと思います。

まずは何と言ってもゴルフ。仕事と全く関係ないわけではありませんが、ベストスコアを10点短縮したい。そのために3月にはルーツゴルフの新商品が手元に入るので、それを機になんとか目標を達成したいと思います。特にパターは今回デザインさせていただいたフルセットの中で最も楽しみなものなので、そうとう期待しています。

次に水槽を卒業します。美しく管理できた水槽はリラックス効果抜群ではあるのですが、あまりにも手がかかりすぎるので維持管理にギブアップです。現在所有のアクアリウム用品を処分し、部屋にスペースを確保します。

そして、そのスペースにギターを並べて、何本かのギターを常に弾けるようにしようと思います。現在バンド活動はしていませんが、一人でインストの練習中です。本当は昔のメンバーともう一度活動できれば嬉しいので、今年は連絡を取ってみようと思っています。そのバンドというかデュオは来年結成40年を迎えるので、その記念にライブができたら嬉しいかなと思っています。

それから棚に眠っているカメラたちをもっともっと使っていきたいと思います。特にライカのオールドレンズを現在のフルサイズボディーにつけて楽しむということをもっとやってみたいなと思っています。

健康の面では、昨年胆石で胆嚢とおさらばしましたので、あまり飲みすぎず、食べすぎずを心がけ、せっかく8キロも落ちた体重が元に戻ってしまわないようにしたいと思います。

もう一つ、大したことではありませんが、プチ断捨離をしてみようかと思っています。理由は単純で、もうタンスに服が入らないからです。街へ出て気に入った服があってもしまうタンスのスペースがないので諦めなければならないことが多く、残念な思いが続いているからです。

もうすでに人生の楽しみと言えるようなものに十分出会えているので、あまり新しいものに浮気せず、今すでに趣味として成り立っているものをもっともっと楽しんでいきたいと思います。

その方がお金もかからないし。

2017年、目一杯楽しみましょう!!

2017/01/01