小泉の雑記帳

インクグルメ

万年筆がたくさんたまってきたのでいろいろなインクを入れて楽しんでいます。
最近の万年筆はだいたいがカートリッジタイプと吸入式とが共用になっていますので、万年筆を購入したときに付いているコンバーターというのを使えば、いろいろな色やメーカーのインクを使うことができます。
ブルーブラックだけでも数十社から出ていますので、その微妙な味わいの違いを楽しむのも良いものです。私はブルーブラックという色が万年筆の基本色だと思っていますので、3つのインクを使い分けています。モンブラン、ペリカンという王道の他にモンテグラッパといういかにもマニアックなインクも使っていますが、なかなかその辺では売っていないので大事に大事に使っています。
その他にもブルー、ボルドー、レッド、イエロー、オレンジ、ブラウン、ライトグリーン、モスグリーン、グレー、イエローオーカー、ブラック、ターコイズ、バイオレットと一通りスケッチができるようにそろえています。
なかでもオレンジとグレーとモスグリーンは、東京の丸ノ内にあるITOYAで調合してもらったものです。
ひとつ注意しないと行けないのは、必ず万年筆用のインクを使うこと。画材やさんに売っているカラーインクは絶対に使ってはいけません。ペンが詰まってどうしようもなくなりますから。
んーーーー。なんてマニアックな世界だ。
興味のない人にとってはまったくもってどうでもいい話ですね。

2016/11/01