小泉の雑記帳

靴を何足もっていますか?

今進めている企画書の中で使うために、メンズのファッション雑貨についての統計を集めていたところ、最近の20代男性のファションに関する傾向がいろいろと見えてきました。

その中で最も驚いたのは20代男性の実に約60%が、靴を5足以下しかもっていないというのです。
20代といえば学生をのぞいてだいたいが新入社員というやつです。ですから初めてスーツを買ったり、給料をもらうようになって自分で自由になるお金が増えたりするはずですが、ある調査では、60%もの人が靴を5足以下しかもっていないというのです。
会社に履いていく靴だけでも換えを入れて最低2足は必要です。
それにプラスしてデートなどのお出かけ用に1足。スニーカーが2足。
とこんな感じなのでしょうか。

しかし革靴というものは黒と茶の両方をもつべきですし、その替えを各1足。冠婚葬祭用に黒を1足、これだけですでに5足です。お出かけ用にも黒と茶、アウトドア用に1足、そして普段用にスニーカーを2足。
これですでに合計10足です。
いくらなんでも社会人であれば、最低これだけはもちましょう。
靴というものは毎日はいてはいけません。傷みが早くなります。1日はいたら翌る日は休ませましょう。そうすれば1足づつ買い換えるより長持ちしますし、人からの印象もよくなるはずです。
なぜ、茶と黒の両方がいるのかというと、靴というものはベルトと色を合わせないといけないからです。
「何でもかんでも俺は黒だ」という人は別ですが、いろいろなタイプの服を着ようとすると必然的に両方が必要になります。

高いブランドの財布やイタリア製のブリーフケースもいいですが、まずは足元をもう少し考える必要があるように思うのですが・・・・。

2016/11/24