小泉の雑記帳

おもちゃを入手

前からずっと気になっていたおもちゃを入手しました。
最近はアコースティックギターにもピックアップがついていることも珍しくなく、YOUTUBEや自分のサイトに自作自演の動画をあげたりするアマチュアミュージシャンがたくさんいます。そこまでするかどうかは別にして、アコースティックギターをエフェクターやアンプに繋いで音を出すということが手軽になりました。

特に、私のように50を軽く越えるようなアコースティックギターファンにとっては、試さずにはいられないわくわくものの機材がそこそこ手が届く価格でリリースされています。

そういうおっさん連中を見透かしたかのようなアコースティックギター向けエフェクターつきアンプなるものがあのYAMAHAから発売されています。

まず何といってもその外観。なかなかそそるデザインです。極めつけはまるで往年の真空管アンプのように光る内部のオレンジライト。暗い部屋で演奏したときはなかなか快感です。

肝心の音はというと、これがなかなか侮れません。もともと大音量を期待するサイズではないので、音量はそれなりですが、アコースティックギターの音作りに関しては、かなり遊べる仕様です。

 

エフェクト部分

エフェクト部分

 

アコースティックギターに必要なエフェクトは主にコンプレッサーとコーラス、ディレイ、リバーブの4つですが、それらをうまく組み合わせて、初めてエフェクトを使う人にもバランスよく設定できるようになっています。エフェクトもまずまず自然なかかり具合で好感が持てます。

 

マイク

マイク

 

面白いのはギターの音をマイクで拾った時の感じをマイクの種類別にシュミレートできること。コンダンサーとダイナミックの違いもなかなか雰囲気を出しています。

チューナーも内臓していますので、メーターをわざわざ用意する必要がありません。

 

チューナー

チューナー

 

一般的なヘッドフォンジャック以外にAUXジャックがありますので、スマートフォンのアンプ&スピーカーとしても使えます。

 

ジャック

ジャック

 

今時のUSBも付いていますので、PCをつなぎ、演奏を録音することも可能です。ご丁寧にレコーディングソフトのダウンロードまでできます。

 

USB

USB

 

これだけ詰まって18000円。これは絶対にお買い得。アコギ弾きなら1台持っていてそんはないでしょう。

2017/03/06